トークパル株式会社

お見合いコンペ
~中古住宅をどのように活用するか~

私のもとへ、一人暮らしの母のために、老朽化した家を建て替えたいという相談を娘さんよりいただきました。(以後、お母様を依頼人Aさんとします。)
Aさんは都内の一等地に建てられた築30年の一戸建てにお住まいでした。Aさんのお話では、老朽化により、すき間風や底冷えがひどくなってきたので新築に建て直し、快適な家にしたいとのことでした。新築のお家に色々なアイディアをお持ちで、夢を実現させるためにどのようにしたらよいのかということでした。

Aさんから依頼を受けた私は、「お見合いコンペ」の開催を提案しました。
「お見合いコンペ」とは、まずAさんに複数の一級建築士を紹介し、私が立会いのもとAさんは各建築士と個別に面談します。Aさんは面談をもとに建築士との相性を確認し、イメージやアイディアをより実現しやすい建築士を選びます。

「お見合いコンペ」では、それぞれの建築士との相性を確認したり、建築士によって様々な提案を聞くことが出来ます。もし、知り合いの建築士さんや工事業者に頼んでしまうと、万が一相性が良くなかった場合、断りにくい、こんなことを言ってもいいのだろうか?なんてこともありますが、私が間に入ることによって、言いにくいことも私が代わって交渉することも出来ます。その他、工事施工会社の競争見積りやデザイン料についての相談や交渉ができるなどのメリットがあります。


『A邸の建て替え』ということで始まったお見合いコンペは、今回は4人の一級建築士により、単純な建て替えから二世帯案、賃貸物件案など様々なプランが提案され、ご家族みんなで話し合い様々な可能性が生まれました。

そんな中Aさんと各建築士を交えた個別面談中、B建築士がリノベーションの提案をされました。
「築30年といっても柱などはしっかりしているし、木製のサッシや屋根などは現在の住宅と比べると非常に贅沢に作ってある。シロアリの被害や雨漏りなどの点検をしなければわからないが、これだけの建物を壊してしまうのはもったいない。」という意見を聞き、Aさんも「『夫の建てた家を残したい』という想いがどこかにあった。」ということでB建築士にお願いすることになりました。

リノベーションは建物の調査から始まりました。
幸いにシロアリなどの被害もなく、建物は経年変化によるゆがみはありましたが、基礎や木材自体の傷みはあまり無かったので、建て替えでなく、バリアフリーと居住性の向上をメインとしたリノベーションを進めることになりました。
小さく仕切られていた壁を壊し、室内の柱を動かして間取りをファミリータイプからゆったりの一人暮らしタイプへ。廊下の幅やトイレ・浴室もゆったりと広く取ったので将来、車椅子でも使用できます。もちろん主要箇所には、手摺の設置、駐車場も広げ、スロープ等を設置しました。
新しい断熱材の使用やすきま風の入る木製のサッシを交換したことで断熱性も向上しました。ただし木目調のサッシを使用することで、家の全体の雰囲気を変えないように考えられていました。柿渋で染められたふすまは、これから使っていくうちに色味を増すという、自然素材もふんだんに使われた暖かみのある落ち着いた室内になりました。
Aさんの部屋は、庭に面した陽あたりのよい場所に造られ、花嫁道具の箪笥や鏡台をそのまま収納できる大型のクローゼットを造りつけられ、お子様やお孫さんが泊まれる部屋も広々と確保できました。
こうして、Aさんの心配と希望に応えたご自宅のリノベーションが完成し、Aさんだけでなく、ご家族にも大変お喜び頂くことが出来ました。